今日からいよいよ、期間工としてではありますが、ホンダの従業員として「本田技研工業 株式会社 埼玉製作所 狭山完成車工場」に出社することになりました。

最初の2日間は、主に現場に配属される前の手続き関係で、入社案内や雇用保険や給与振り込み先、契約書などの各種書類作りや、健康診断、入寮先・配属先の決定になります。

初めての入寮・シフト勤務なうえ、海外旅行はもとより、引越し・転勤・出張・旅行といったものを、全くと言っていいほどしたことがない身なので、何を持参して良いのかよくわからず、あれもこれもと詰め込んだら相当量の荷物になってしまいました(^_^;)

書類作りはややペースが早く、途中健康診断を挟んだ時など、進み具合によっては全員が揃わないまま進行するときもあったためちょっと焦りました。

ayatamaをはじめ、多くの人は独身のような感じでしたが、結婚していたりして扶養家族が多いと記入箇所も増えるため、慣れていないとペースについていくのが大変だと思います。

間に合わない場合でも、書類によっては後ほど提出をしたりもできるので、その点は安心です。間に合わないことを理由に切られたりはおそらくないでしょう(^_^;)

今回、同期の期間工は埼玉製作所全体で30名前後いたと思います。早くも空席がいくつかあったので、他の仕事に就業したのか、はたまた遅刻をしてしまった感じでしょうか。

食堂にて昼食後、14時過ぎくらいに配属場所と入寮先が決定します。

全体のうち、約1/3が狭山工場、2名ほどが小川工場、残り約2/3が寄居工場配属となりました。ayatamaは、勤務先が寄居工場の化成MO、入寮先は武蔵嵐山駅近くのレオパレスに決定しました。

流れとしては、講習や書類作り→昼食→勤務先・入寮先決定→健康診断→書類作り→バスにて各入寮先近くの集合場所へ移動となります。

体を動かすような仕事はほとんどありませんでしたが、朝早めに起きたり、重たい荷物を持って電車の乗り換えのため移動したり、講習や書類作りの流れに必死についていったりと、想像していたよりも疲れてしまい、この先の仕事についていけるのかかなり不安になった1日でした。

明日からは武蔵嵐山の寮からの出勤になります。

バスに乗り遅れると、移動手段がかなり限定されるため、最悪は自腹でのタクシー通勤となってしまうらしいので、遅れないように早く寝るようにしたい。