昼食を食べた後、休憩室へと戻って行くと休憩室の前に社員さんたちが集まっていて何やら騒がしい。

休憩室内でそのことが話題になっており、どうやら定年後再雇用された社員の方が工場内にてトラブルを起こしたといいますか、アクシデントに見舞われたといいますか(^-^;

ちょっとしたことがあったらしい(^-^;
以前にも同じことがあったようで、みんなで面白可笑しく談笑していました。

その社員の方は他にもいろいろ破天荒な話題の持ち主らしく、定年退職後に奥さんが娘を出産して、会社の福利厚生にある出産祝い金?だか育児休暇?だかをゲットしたりといったこともあったようです(^-^;

みんなからは当初「娘じゃなくて孫じゃないの?」と思われていたりもしたもよう(^-^;

おそらく奥さんはかなり若い方だと思いますが、60歳を超えてそういったことができるのも大企業を長年務めた経歴があるからでしょうねぇ。

ayatamaが今まで勤めてきたようなブラック企業には、ホンダにあるような育児休暇や看護休暇、退職金や企業年金などはありませんでした。

ホンダにはその他にもいろいろな福利厚生が有り、ずっと勤め上げてきた人たちは平社員であってもかなり恵まれていると思います。

給料やボーナスも多いですしね。

ただ、今現在20代や30代の正規従業員はといいますと、自分たちが定年の頃にはそういった福利厚生も縮小されるのではないか?とか、給料も上がらないのでは?といった不安を抱えている人も多いようで、仕事の単調さも相まって辞めていってしまう人も少なくないらしい。

期間工として働く場合の感想としては、給料は他のメーカーよりも見劣りしてしまいますが、そのかわりに休みが多く始業や終業もきっちりしているのでやりやすいと思います。

あとは通勤時間さえ短ければ完璧だと思うのですが、贅沢は言えませんね。

そういえば、生活立上げ準備金20,000円と赴任費用が入金されていました。
お金ないので助かります(・∀・)/
仕事の方では車の色も少しずつ覚えてきました。

R-565M プレミアムクリスタルレッドメタリック