本日、ホンダでの期間工生活3日目。

いよいよ今日からシフトでの勤務になりました。

ホンダのラインでのシフトは、早番の1勤(6:30~15:15)と遅番の2勤(15:05~23:30)の1週間毎の交代がほとんどで、3勤(23:20~6:40)は基本ないらしい。

時間的には、シフト制とはいえやりやすい時間帯のような気はします。しかしながら、ホンダの期間工で入寮&バス通勤の場合、バスでの通勤に25分~45分と、会社に到着してからの30分程がもれなく拘束時間となるため、朝の苦手なayatamaには1勤の朝がつらそうな気がします(^_^;)

他の自動車会社の期間工の寮には、工場まで歩いて数分のようなケースもあるようで、その点においてホンダは拘束時間が長くなってしまうのがネックですね。

ayatamaのホンダでの初シフトは2勤からでした。昼過ぎからの勤務なので寝過ごす心配もほとんどなく、気持ち的に余裕を持って初仕事に挑めたので良かったです。

気になる初の仕事内容はといいますと・・・

ただラインに立って流れていく完成車をひたすら眺めているだけでした(^_^;)

なぜかといえば、ホンダには「トレーナー」と言われる初心者に仕事を教える役割の人たちがいるらしいのですが、担当になるはずのトレーナーさんが通勤途中に事故に巻き込まれてしまったらしく、しばらくの間は治療のために出社できない状況にあることと、もともと人の少ない部署であるため習熟にまわれる人が確保できないためのようである。

動く車両をひたすら眺め続けていると、車両を載せたコンベアが動いているのではなく、自分の足元の床が動いているように感じたり、目が疲れてまわりが「ぐわんぐわん」しているように感じたりと、何もしていないのにすごく疲れました。

一日中の立ち仕事も思っていたよりもつらく、動かないからなのか肩が腕の重さで下に引っ張られるし、手のひらが浮腫んでパンパンだし、脚も棒状態・・・

組み立てに配属された人からは羨ましがられそうではあるが、全く動かないのもこれはこれでつらいものである。

早く作業を覚えてある程度動ける状況になりたい。